シオニストとシオニズムゾンビを叩き潰す

要はそういうことだ。最近では気象改変に依る豪雪。 医療に依る人殺し。ネックになっているのはシオニスト。 トランプの背後に居るペンタゴンや政府のシオニストを 駆逐しなければ支配は続く。 国内では安倍晋三。こいつをブタ箱に入れよう!! 普通の生活を取り戻そう!!
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

2017.7.25テレ東放映「ガイアの夜明け」ブラック企業悪人醸されの変貌

しゃぶしゃぶ温野菜のフランチャイズ悪女店長の学生バイト実質時給450円の無休労働酷使、 アリのマークの引越し社の副社長と正社員営業マンとの不当懲戒解雇取り消しを求める 労働裁判は副社長の顔丸出し。それを糾弾するテレビ局の番組編成・・・・ 確かに時代は変わった。 リチャード・アミテージやマイケル・グリーンがいくら気象テ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

最近思う事。嘘と真実をごちゃまぜにすると信用失いますね。

当たり前のことだが目で観て現象が何でそうなっているのかを追求する 視点を失うと何をしているのか判らなくなってしまう。 そこに真実追究の意味があり点と点を初めて結びつけられる。 当ブログはその視点を決してぶらさず、世直ししていこうと思う。 皆様何卒宜しく御願い申し上げます。
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

ゲリゾー北朝鮮悪系TBS元記者山口の強姦罪なんて氷山の一角でしかない。

ゲリゾー北朝鮮悪系TBS元記者山口の強姦罪なんて氷山の一角でしかない。マスゴミ系女性は金づるでやられ放題。これが現実。しかし、それを享受する馬鹿女が多いのに呆れるばかりだ。妊娠して降ろすのは日常茶飯事で罪の意識なんてない女が多いのだから・・・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アフリカ系黒人増加中

ゲリゾーよ、いい加減にしろ!! DNAが強いから増える!増える! 別に偏見したくないが、意図的悪意による増加だと思う。 TV出演露出もやけに多いし・・・・・
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

米国なんか日本人は皆嫌っている。政治・経済なんか最悪

シオニストユダ公!!じたばたしてんじゃねえぞー!! もうお終いだ!! 日本人はな!!そもそも お魚が好きなんだよ!! 味噌汁や沢庵やめざしや納豆が好きなの!! 牛肉3kg毎日食ってりゃそりゃ太るわな!! そんな人種は嫌いなの!! おい、テレ東、ありえへん∞世界でもうAD石井出すな!! ス…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

問題は権威を傘として騙してでも庶民を屈服させることです。

法律を知り裁判を知る弁護士なるものが公正さを是とせず、憲法は遵守する手段は選んでも、個人を騙すことにより利益を得る。こんな馬鹿げたことは許されないし断じてこうした組織は存続させてはならない。腐り果てた司法は残念ながらその9割以上がチンピラ組織として存在している。 医療機関も癌を造りだす自分達のことを隠蔽し、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

抗癌剤は医者の人殺しツール 専門外でも病院は癌患者を量産させられる 誰に? 裏社会に!!

狙い撃ちされるのは日本の業界功労者が次々とやられっぱなし。 なんとかしなくちゃいけない。 この人達は必ずしも911や311の真相を知っているわけではない場合もある。 だが、裏社会は極度にこの人達の存在による真相究明の世の中の流れを回避 したいのである。シオニスト米国1%の馬鹿者よ、北朝鮮下僕カルトのエリー…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

日本ラグビー界の重鎮 平尾誠二氏、日本相撲界重鎮 九重親方(元横綱 千代の富士) 裏社会の餌食か?

この人達は業界で人間関係が必ずしも円滑でなく、敵も多かったらしいのだが、 私は2人とも米国1%絡みで森喜朗あたりが何かしら関わってないのかと思う。 北の湖もだが・・・・ 実像は見えてこないが、創価人士の医者の医療機関における意図的な餌食となり帰らぬ人となったのではなかろうか? シオニストや下僕北朝鮮裏…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

急に肌寒くなり秋が短く長い冬になりそう

蒸暑い秋を演出する予算がない米国1%シオニスト馬鹿ユダヤ人と創価統一協会北朝鮮カルト共!! 阿蘇山噴火させたもののその後どう動いたら良いか判らずとりあえずTVで殺人事件を多数放映して 恐怖心を日本国民に植え付けようとする。おかしな車の暴走なども検討中か? こう述べるとすぐ実行する馬鹿連中だ。放っておくのが良いのだが害虫駄々…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more